クレジットカードの審査で見送りとなる理由は何か?対策はあるか

クレジットカードの審査で見送りとなる理由は何か?対策はあるか

私は30歳の電気関係の小さな工場に勤める会社員です。今回はじめてカードローンを申込みましたが、審査で見送りという結果になってしまいました。クレジットカードの利用で多少の支払い遅延はありましたが支払いは完済しています。

何故、審査で見送りとなったのでしょうか。また、審査を通過するためのよい対策はないでしょうか。

信用力や返済能力だけでなく入力ミスなどでも見送りの要因となる

クレジットカードやカードローンの利用申込の際の審査では、その個人の信用状況や収入などの返済能力が確認され利用の可否が判断されます。そのため、クレジットカードなどで信用事故を起こしていたり、不安定な職業に就いていたりすると利用の見送りということもあります。また、申し込みの際に要求される氏名、住所や勤務先などの個人情報の入力に誤りがあれば、これも見送りの要因となることもあります。

カードローンなどの審査は、その利用者がそのローン商品を利用してきっちり支払いを行ってくれる人なのか、そのための支払い能力をちゃんともっているのか、ということを調べその可否を判定するものです。

信用状況に関しては、金融会社やその保証会社が、申込者の信用取引の実績を個人信用情報機関から入手して、過去の信用取引、例えばクレジットカードなどの支払遅延の繰り返し、長期の支払遅延等の履歴や他の借入れ債務の状況などを確認し評価します。

したがって、過去に信用事故を起こしていれば評価に大きく影響することになりますので、少額の支払でも遅れず確実に返済していくことが重要です。うっかり忘れも2度3度と繰り返せば、大きなマイナス要因になるということを理解して借入れ債務の管理を徹底しなければいけません。

返済能力に関しては、職業、勤め先、勤続年数、年収や家族構成などが調べられ評価されます。具体的には、収入が安定する職業か、公務員や上場企業などのように安定した収入が得られる勤務先か、といった視点で査定を受けるので、収入が不安定になりそうな職業、勤務先の経営状態、勤務形態や勤続年数などが評価に大きく影響することになります。

そのため、派遣社員であればできるだけ早く正社員になる、安易な理由で転職をしない、自己啓発などでスキルを向上させ収入アップにつなげる、といったことで返済能力を少しでも強化することが重要になります。

その他で注意すべき点として、利用の申し込みの際に行う個人情報の提出では入力漏れ、住所や電話番号の誤記や誤字脱字などは大きなマイナス要因となることがあるので、丁寧な記入や入力が必要です。不正確な情報を提供する不誠実な人物として評価されないように正確かつ丁寧に記入・入力することを心がけたいものです。

クレジットカードの申し込みが見送りになった理由

クレジットカードを作ろうと思って申し込みをして、審査を受けたのに見送りになることがあります。なぜクレジットカードが見送りになったのか、その理由はちゃんとあるのです。クレジット、それは信用という意味になります。信用できない相手にはお金を貸してくれませんし立て替えてくれません。ですからきっとクレジットカード会社があなたに対して信用をもてなかったのが原因です。

その細かな内容として、過去にカードで支払いのトラブルを起こしている、消費者金融や銀行などでお金を借りてトラブルになっていることがあります。トラブル、それは、延滞や未払いなどが該当します。遅滞を起こしている場合は審査に通りません。支払いの延滞、現在ほかにいくつカードを持っているのかなど、情報の共有を行います。そのために別の会社で遅滞していた場合も、新たに他の会社に申し込んだ場合でも審査に通らないのです。

支払いに滞ることがなくきちんと使ったカードの返済は行う必要があります。またすでにカードを複数保有していることも新たに発行してもらえないことが多いです。多くのカードはそれぞれに利用限度額が決まっていますが、利用限度額の合計が多くなっていると判断されれば新規で発行できません。この場合、申し込み前に現在手持ちの使っていないカードがあれば解約することが望ましいでしょう。また、ポイントや利便性から持っていたい場合には、利用限度額を下げる申請をするなど対策が必要です。

カードを発行してもらうと初回入会特典としてさまざまな特典があります。ポイントが上がる、商品券がもらえるなど、色々ありますが、この初回特典を目当てにしてカードを何度も申し込んでは解約を繰り返していると審査に通らないこともあります。

直前に複数のカード会社に申し込みをしませんでしたか?申し込み履歴も情報共有しており、申し込みブラックの状態になります。申し込み情報も半年は履歴として残るので注意しましょう。